綺麗な窓ガラスを目指そう

>

どうしても落とせない汚れ

専用の洗剤を使うのが良い方法

キッチン用の洗剤や、お風呂の洗剤は中性であることが多いです。
それを使って窓ガラスを拭いても、綺麗になりません。
むしろ汚れが、さらに付着してしまう可能性があります。
ドラッグストアなどに行くと、窓ガラス用の洗剤が販売されています。
成分を確認して、アルカリ性だったら大丈夫です。
市販されている窓ガラス用の洗剤のほとんどはアルカリ性だと思いますが、念のために確認してから購入しましょう。

洗剤を雑巾に数回吹き付けてから、水拭きの時と同じように上から下に向かって拭いてください。
その後は乾いた雑巾で拭き取って、掃除が終了します。
水拭きでも汚れを落とせない場合は、すぐ洗剤の力を使ってください。
洗剤なら、すぐ汚れが落ちるでしょう。

絶好のタイミングとはいつなのか

窓ガラスの掃除をするなら、曇っている日がおすすめだと言われています。
その理由は、汚れがよく見えるからです。
天気が良い日は、窓ガラスが反射して汚れが見えにくいことが多いです。
ですから綺麗になったと思っても、実は小さな汚れを見落としているかもしれません。
少し曇っている日を、チャンスだと思ってください。

夕方は太陽の光が出ていないので、晴れていても汚れがしっかり見えると思います。
この日しか掃除できる時間がないけれど、昼間はお天気だという時は夕方を狙ってください。
隅々まで拭いて、窓ガラスを綺麗にしましょう。
また、両面を綺麗にすることを忘れないでください。
片面だけ綺麗にしても、汚れを全て落とせていません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る